おやぢめし

愉しく暮らしたけりゃ「飯」から学び、「飯」から切り拓け!

減量開始ぃ〜!って何度目やね〜ん!

先月行った健康診断の結果が入っている封筒を開けてみたらエライコッチャになっていた。 心臓・肝臓に加え、血圧・尿酸値もトホホな数値に・・・。胃ぃにも大したことないって書いてあるけど何かなってるらしい。 おまけに3日ほど前から腰の具合が悪化したの…

はじめてのケンミン焼きビーフン

ある日、何気についていたテレビ番組で、焼きビーフンがどうのこうの言うてるところに目と耳が留まる。 パートナーは作ったこと無いわ〜と言い、オレも思い返してみて食べたことはあるけど作ったこと無いな〜って気づいた。そのとき、会話はそれ以上発展する…

ちょっとじゃない「ちょっとぞうすい」とヘンテコな夢からオレの10月が始まった

10月の始まりは、なんともヘンテコな夢からの目覚めからだった。 昔働いていたウェスタンショップに居る夢で… 場所は神戸三宮のヒューストン101、サンプラザから移転して取り扱い商品を面白雑貨からウェスタングッズへ切り替えて展開し始めた6坪にも満たない…

ひっくり返るほど美味いわけでもないお好み焼きがエエんやん。

職場での昼飯どき、月に2,3度くらいの頻度で徒歩5分の公設市場にある粉もん屋の「豚玉焼きそばセット」をチョイスする。普段は470万円やけど、市場の特売日には450万円になる。店の名前はなんやったっけ?老夫婦と思われる2人で切り盛りしていらっしゃる。 …

ビビりのオヤヂは男爵イモで秋を迎える

毎年、酒屋あるいは酒コーナーに「キリン秋味」が陳列されているのを見て、オレは夏の終わりを観念する。そんな時、早く秋が終わって冬が過ぎて鼻が詰まる春をぶっ飛ばして夏が戻って来て欲しい・・・といつも思うのだけど、オレも人生に終わりが見え始めた…

チベンチベン観ながら餃子を食べる

先月暮れの話。 夏の甲子園の決勝戦がなんと「智辯学園 対 智辯和歌山」つまり「チベンチベン」な珍しいさマックスの組み合わせになったということで、パートナーと試合が始まる前に走っておこうとなって、お城周り(姫路城)の外側1周2キロ強のコースをグ…

愛の野菜スープ

オノロケで恐縮やけど、パートナーが時折作ってくれる野菜スープが最強に美味い。 ベーコン、ソーセージ、鶏肉にいろんな野菜がドバーッと入っている。味はトマトベースで塩気は食べるときに好みと気分で足して食べる。 パートナーは元々料理に頓着(とんち…

朝から焼き飯な気持ち

ある日曜の朝、腹がへったので起き上がる。 冷蔵庫を開けてみるとラップにくるんだ白飯があったので、そいつを使おうと取り出した。 午後から高校野球や競馬の中継があるので、走るなら午前中から正午。なら少しボリュームあるモン食べたいかな?という気持…

進む「反射飯」

飯を食べるとき、どうやって愉しもう? ってのが「おやぢめし」の基本。 凝ってみるときもあれば、手抜きするときもある。 ただ、毎回そんなことを頭で思いめぐらせるのではなく、考えることなく喰う飯というのがある。美味いことを頭ではなく身体で理解して…

2人の定番メニューが増える~鶏むね肉と青じそとチーズのこねくり回し焼

ある日、パートナーから「これ作ってほしい」と何処かのレシピサイトのスクショが添付されたメールが届いた。なんでもベランダで育てているシソがずいぶん大きくなって食べごろだから、これで食べてみたいとのこと。 ほぉ~、切って混ぜて焼いてホイっ・・・…

高級アスパラガスを喰って浮かんだ新しい課題

今日の話はタイトル通り。高級なアスパラガスを喰って疑問が浮かんだけど浮かんだだけで解決の糸口が全くわからないという中途半端にも度が過ぎる内容。この日この時こう思ったことを記録する健忘録です。なので、あまり読むのを勧めません。 おやぢめしを愉…

口が「もっこす」になったのでニラ胡椒を作ってみた Version1

神戸に住んでいる人、あるいは神戸に良く訪れる人で、時おり私に込み上がるこの感情に共感してくださる方は、何パーセントくらいいるのだろう? 「口がもっこすや・・・」 「もっこす」は神戸市兵庫区大倉山にあるラーメン屋。高校卒業したころあたりから食…

おやぢめしでパートナーの胃袋をつかむ

今日は「おやぢめし」を愉しむことが、異性の心をつかむきっかけになるかも知れないという、とても重要な話。 しょうもないオッサンは、柄にもなく「モテたい」という衝動に駆られることがあります。そりゃあオッサンも人間です。時折人並な幸せを手に入れた…

ばあさんの味噌汁

積極的に何かを作る気分にならない朝もある。 パートナーが昨晩から夜勤で不在だったのが主因だろう。昨日オンラインのランイベントで20キロ以上走った疲労がゴリゴリに溜まっていたのもあった。なので身体が回復したがっているのか?強い空腹感が湧き上がっ…

ポシャったオッサンが呟く「復活の真言」

「何か喰わな・・・。」 「何食べよ?・・・。」 これは、オッサンが大なり小なりドジを踏んだりポシャったりして、ひとしきり落ち込み倒したあと、再び立ち上がるための真言です。 さて、ドン臭いポシャりのオッサンが、再び立ち上がって残りの人生を歩んで…

ローリングストック消費的きつねうどん

正月用に買っておいたうどん用の「おあげさん」の賞味期限がやってきたので、今日の朝食メニューは強制的にきつねうどんになった。 麺は、姫路のローカルスーパー「ボンマルシェ」で揖保郡の(株)姫太郎製の袋入りゆでうどんを購入。きつねうどんには讃岐のよ…

かつて「おやぢめし」は子供達との大事なコミュニケーションやったけど・・

今日の話は、子供達がまだ小さな頃、独りで働きながら育てていく上で「食事」を大事なコミュニケーションと捉えて頑張って作って食べさせていたけど、どうもやり過ぎてしまった弊害みたいなものが現在に表面化したのかもしれないって内容です。 離婚をしたと…

引越ししてきました。

シーサーブログでやっていたものの、メルアドやパスワードの度重なる紛失で長い間凍っていた松岡マサヒロの飯ブログ「おやぢめし」。 幸か不幸か再ログインが出来たので、リフレッシュも兼ねて引越ししました。 前回の記事から4年以上の時が流れて、2人のハ…

久し振りの投稿は「ハンコ飯」で…

スマホアプリで投稿すると画像が妙に粗くなるのが嫌で、パソコンから投稿するのも面倒やな…って思っているうちに、更新する習慣が無くなってしまった。 このままだと一生再開できそうにないので、このままボチボチと仕切り直しする。 昨年の4月に高校を無事…

節約と癒しを兼ねた大根菜を使うメニュー2種

近所にある近郊で採れた野菜を販売している店で大根の間引き菜が100円で売っていた。 上の菜っ葉部分は、よく洗ってから湯通しして出汁醤油味で炒め、仕上げに胡麻油で風味をつける。 そば焼酎のお湯割りと一緒にチビチビやりながら「剣客商売」を読み直す。…

見るのも胸が悪くなる弁当

次男は高校1年生。硬式野球部に所属している。親に似て身長体重がイマイチ増えないこの頃。練習量も増えてきたので、とにかく食べさせないとダメなんだけど学校では間食が禁止されている。 悪いが順守していると彼の身体が持たない。オレの手作り部分は、豚…

眠くてしんどい時こそ唐揚げ弁当だぜ。

長男は、今春から市内にある某企業へ就職して社会人生活をスタートした。 車通勤が出来るようになれば随分変わるのだけど、今しばらくは電車&バスを使った通勤なので朝は始発、残業のある時は最終バス近くに乗っての帰宅という生活が続いている。 一応おや…

ガッツリ走る前にも肉を食ってみよう~ヘルシー肉料理2種盛

オッサンのエナジーは脇腹にある。通常のランニングくらいだとカーボローディングする必要はなかろう…というのがオレの持論。根拠はない。 例えばロングトレイルで遊ぶ場合、道中の補給は不可欠だけど前日に無理矢理食べると当日にしんどい。なので、オレに…

夏バテる前に調整しておこう…鶏モモ肉とピーマンの炒め物 グリーンカレー味

野菜の高騰も少しずつ収まってきた感じ? 普段に通う市場でピーマンの大袋が98円で特売されていたので迷わず購入。 最近ドの付くほどハマっているグリーンカレーペーストを使って味付けた、夏バテ対策っぽい感じでいただくことにする。 鶏モモ肉は繊維に平行…

ほぐして ほぐして

ふつふつと湧き上がる想いと老いて動かなくなっていく身体。 残り時間をイライラする時間も勿体無い。 収めた画像を整理していて、我ながら思わず食いたいと思ったコレ。 市販の水餃子にニラと人参と白菜と厚揚げを放り込んだだけのシンプルな一人鍋。 内へ…

砂ズリのニラ漬け~数少ないオフクロの味

砂ズリを適当に切って茹でたあと、酢と醤油とニラを刻んだものを混ぜたタレに一晩漬ける。 ニンニクも放り込みたいが仕事柄ガマンする。 作る度に死んだオフクロに微妙な加減を教えて欲しくなる。 未だ会心の出来になったことがない。

気持ちが荒ぶって疲れた時には新玉ねぎだぜ

何か知らん今日は気持ちが疲れたわぃ・・・ なんて時には玉ねぎに癒してもらおう。 大きめの新玉ねぎをチョイス。 ホットプレートに十分な量のオリーブオイルを敷き詰め、2センチくらいの厚みにスライスしたものをジックリと焼き上げる。 味付けは塩とバジルを…

春はオジャガで

新じゃがが安くて購入したは良いけど、なぜかカレーを作るタイミングを逃して緑にさせてしまうことが多々ある。 今回もやっちまって、大量に食べる羽目に。 細くダーっと刻んで、同じ大きさに残っていた人参も刻んで、ついでにウインナーも刻んで塩&オリー…

甘味を愉しむ春キャベツとアサリのパスタ

レース前の体重調整飯には、やはりパスタがお勧めか? 市販のコンソメスープキューブに適量の塩・乾燥バジルを加えて、さっと茹で上げた春キャベツと剥きアサリを加えてスープパスタ的な感じでササっといただく。 油分ほぼゼロでスッキリとした甘味を愉しむ。

アクまで美味しい菊芋のサラダ

近所の青果チェーン店で売っていた菊芋。 陳列されている場所に張り出されているPOPには、身体にエエとか糖尿病にエエとか色んな"ホンマかいな?"ことを書いている。 その中「サラダがおすすめ」の文字に惹かれて初めて購入した。 流水で丁寧に土を落とし…